ペチュニア日記 10月

たぶん今年最後のペチュニア日記になります。
ペチュニアたちですが、長い間咲いてくれてお疲れですし、気温が低くなってきたので、傷んだり花数が少なくなりました。
それでもなんとか咲いてくれています。
IMG_2282.jpg
10月いっぱいくらいで片付けようと思っています。
今年も春から秋まで長い間お花を楽しませてくれました。

ピンクのビスタは2年目ですので、さようならをし、
赤いスーパーベルは切り戻しをして冬越し予定です。

▼プランターのビスタ
IMG_2283.jpg
こちらはどうしようか、1年目だし冬越ししてみようかと思います。

▼ピカソペチュ
IMG_2281.jpg
9月末、だらーんと枝が伸びて花は咲いているものの、葉の枯れが目立っていました。
さようならしようかなと観察したところ新しい芽が出ていたので、それを残しバッサリ切り戻しをしました。
そして放置していたところ、上手いことその芽が成長してくれました。
これなら冬越しできそうです。
このペチュニアのさし芽は作っていなかったので今年でお別れかなと思っていましたが、思いがけない復活でした。嬉しいです。

▼ビスタの更新苗
IMG_2284.jpg
こちら3つを来年に向けて育成中です。
1つは夏頃さし芽したので成長して花が咲いてしまっていますが、こちらも来年用にします。
2015年春に購入した1つのビスタ苗から更新しつつ育ててきて、来年育てると4年目に入ります。
ペチュニアは気をつけないと病気になりやすいですが、さし芽がつきやすいので私のケチケチガーデニングにはとても重宝しています。



スポンサーサイト

関連記事

シクラメン

夏越しのシクラメンたちの花が少しずつ増えています。

▼ガーデンシクラメン
IMG_2273.jpg 
お花だいぶ増えました。上まで持ち上がりきらない花が多いのですが、
気温が低めになってきて活動しやすくなってきたからか、ちゃんとしたシクラメンの形に咲く花が現れました。

シクラメンは1つの鉢に1つで育てるのがいいですね。
昨年寄せ植えように購入し、ビオラと一緒に植えたんですが、ぎゅうぎゅうづめになってしまって苦しそうだったんですよね。
それにガーデンシクラメンだからと氷点下(-5℃くらい)になる玄関の外に冬中置いておいたんですが、やっぱり寒いみたいで枯れはしないものの、お花はほとんど咲きませんでした。
今年は大きいシクラメンと同様に玄関内で育てようと思います。

▼3年目のシクラメン
IMG_2274.jpg
こちらもぽつぽつとお花増えてきています。
葉はもうどっさりです。時々葉組みをして、葉をかき分け中心に光が当たるようにしています。
2年前に購入してからずっと葉を残したまま育てています。
枯れた葉は適宜取り除いていますよ。

▼シャコバサボテン
IMG_2275.jpg
小さな花芽ができました。
12月の開花が楽しみになります。
それにしても1年は早いです。もうシャコバの季節がめぐってきたんだなあと。

▼開きかけのバラ
IMG_2276.jpg
今日はカメラが別の借りたものなのでマクロが綺麗に撮れました。
雨降りで外が薄暗い中の写真もいいですね。

▼冬の寄せ植え1号
IMG_2278.jpg
1週間前に作りました。種採取後すぐに種まきをして、生き残り成長したパンジー・ビオラと
春にさし芽して増やしていたオステオスペルマムの寄せ植えです。
まだふにゃっと弱弱しいですが、これからの成長を見守ります。

▼8月中旬種まきのパンジー・ビオラ
IMG_2277.jpg
古土を使っているからですかねー?まだこんなに小さいです。
けちるとダメですね。まあこのまま気長に育てていきます。



関連記事

お花をクローズアップで

鉢植えのバラが綺麗に巻いていたので、マクロで撮影してみました。
DSCF2260.jpg
花束からの挿し木バラ。挿して5年目です。
うちで育てているバラで一番勢いが良いです。
綺麗な巻き姿にうっとり。

▼チェリーセージ・ホットリップス
DSCF2261.jpg
色が2色きれいにでました。
気温がちょうどいいのでしょうね。
株はのびのびになって暴れ気味です。夏の終わりに少し剪定したんですけどね。。
雨に当たると枝垂れて更に外側に広がってしまいました。

▼バーベナ・テネラ
DSCF2262.jpg
こちらもきれいに咲いています。
こちらも時々切り戻さないとどんどん広がっていきます。
日光さえ当たればとても丈夫なので、グランドカバーにぴったりな植物だなと育てていて思います。
半日蔭にも植えてあるのですが、株の勢いはいいのですがお花は少なくなってしまっています。



関連記事